「フエ眼科病院光干渉断層計整備計画」 及び「クアンビン省におけるコミュニティ開発のための人道的不発弾除去計画」贈与契約署名式

平成29年度草の根・人間の安全保障無償資金協力
「フエ眼科病院光干渉断層計整備計画」 及び
「クアンビン省におけるコミュニティ開発のための人道的不発弾除去計画」
贈与契約署名式



1. 9月29日(金)、日本政府による平成29年度草の根・人間の安全保障無償資金協力「フエ眼科病院光干渉断層計整備計画」及び「クアンビン省におけるコミュニティ開発のための人道的不発弾除去計画」の署名式が駐ベトナム大使公邸で開催されました(案件概要は別紙のとおりです)。

2. 署名式では、梅田邦夫駐ベトナム日本国特命全権大使と各被供与団体の代表者との間で贈与契約が締結されました。

3. 本案件の供与金額はそれぞれ、91,056 米ドル 及び 636,363 米ドルです。
 
4. 署名式において、梅田大使は「本日署名を行う2案件は、いずれも人々の生存、生活及び尊厳に対する脅威を軽減し、草の根レベルに対する裨益効果が極めて高い、まさに人間の安全保障を具現化した案件です。これらの支援を通じて、ひとりでも多くの人々が失明、不発弾といった脅威から解放され、各々が持つ豊かな可能性を実現していく一助となればとなれば幸いです。」と述べました。

 
署名した文書を交換する梅田大使とトゥン・フエ眼科病院院長
 
署名した文書を交換する梅田大使とリー・マインズ・アドバイザリー・グループ・ベトナム代表
 
 記念撮影