ベトナムの公務員及び民間企業経営者・職員を対象とした稲盛哲学セミナーの開催

ベトナムの公務員及び民間企業経営者・職員を対象とした稲盛哲学セミナーの開催について
 
1 日本の知見共有セミナー『稲盛哲学-組織構築における公務員の倫理』
 
 3月6日午前中,ハノイにおいて,当館は,ベトナム共産党中央組織委員会及びベトナム社会科学院との共催により,「日本の知見共有セミナー『稲盛哲学-組織構築における公務員の倫理』」と題してセミナーを実施しました。
 
 開会の辞で,マイ・ヴァン・チン中央組織委員会副委員長は,共産党第12期中央委員会第7回総会に向けて,本セミナーを,ベトナム共産党の重点課題である行政改革,組織再編及び人材育成に関する提案策定のためのヒントとしたい旨述べました。
 
 梅田大使は,行政改革には,組織構造や規則の改革と共に,組織を構成する一人一人の「考え方」を改革することが重要であり,これらは欠かすことのできない車の両輪であるとして公務員倫理の重要性を強調しました。また,セミナーに参加したベトナムの共産党,政府,国有企業の指導者に対して,ベトナムの将来にとって「信用」が重要であることを念頭に置き,契約や約束を是非守ってほしいと要請しました。
 
 セミナー本編では,稲盛和夫京セラ株式会社名誉会長の映像講話を通してリーダーが持つべき資質と哲学について紹介した後,高巌麗澤大学大学院経済研究科教授からリーダーの姿勢の重要性について,藤田直志日本航空株式会社代表取締役副社長からJALフィロソフィの策定と浸透の経緯について,ご講演いただきました。その後,日置弘一郎公立鳥取環境大学教授から,文化によって倫理規則は異なるがベトナム文化に合致した倫理規則とはどのようなものだろうかとの問題が提起されました。それを受けて,質疑応答セッションでは,ベトナムにおける組織倫理の構築・浸透に関し,積極的に質問が発せられました。
 
梅田大使開会挨拶
配布資料
 
2.日本の知見共有セミナー『稲盛哲学-企業経営における倫理』
 
 同日午後,当館が主催し,「日本の知見共有セミナー『稲盛哲学-企業経営における倫理』」と題してセミナーを実施しました。開会の辞で,永井次席公使は,組織が効果的に働くためには「フィロソフィ」が重要である旨述べ,本セミナーが当地における企業活動の発展に寄与することを祈念しました。

 セミナー本編では,藤田直志日本航空株式会社代表取締役副社長からJALフィロソフィの内容とフィロソフィを持つことの重要性について,高巌麗澤大学大学院経済研究科教授からビジネスにおける信頼の重要性について,日置弘一郎公立鳥取環境大学教授から,日本の中小企業が長期に存続する理由として事業の社会的意義を優先するという思考がある旨ご講演いただきました。質疑応答セッションは,中小企業の経営者からベトナムでビジネスを行うにあたっての切実な悩みが寄せられる等,真剣で熱気溢れる時間となりました。
 
永井次席開会挨拶
配布資料
 
3.本セミナーでは,日置弘一郎公立鳥取環境大学教授,高巌麗澤大学大学院経済研究科教授,藤田直志日本航空株式会社代表取締役副社長にご講演いただきました。また,京セラ株式会社のご協力により,稲盛和夫氏の映像講話をお借りすることができました。セミナーの準備段階においては,武隈晃鹿児島大学稲盛アカデミー長にご尽力いただきました。この場を借りて,深く御礼申し上げます。

 
日本の知見共有セミナー『稲盛哲学-組織構築における公務員の倫理』

 
開会の辞を述べる梅田大使
 
藤田直志日本航空株式会社代表取締役副社長によるご講演の様子
 
会場の様子
 
質疑応答セッション

 

日本の知見共有セミナー『稲盛哲学-企業経営における倫理』

開会の辞を述べる永井次席公使
 
質問に答える日置弘一郎教授,高巌教授,藤田日本航空副社長
 
 

本件に関するお問い合わせ先

在ベトナム日本国大使館

 政務班(担当:富塚)

 電話:+842438463000

 FAX:+842438463044