名古屋大学後藤教授のベトナム保健省の国民健康貢献賞受賞


   6月30日、名古屋大学消化器内科の後藤秀実教授が、これまでのベトナムにおける内視鏡技術向上支援の貢献が評価されて、ベトナム保健省の国民健康貢献賞を受賞しました。

   後藤教授が中心となって、名古屋大学では、これまでにフエ医科薬科大学やバクマイ病院における内視鏡トレーニングセンターの設置やベトナムへの医師・看護師の派遣やベトナム人医師や看護師の訪日研修を実施しています。

   また、後藤教授が理事を務める一般社団法人名古屋アジア消化器医療振興協会においても、ベトナム医師の訪日研修を名古屋大学で実施しています。


 

賞状を持つ後藤教授右から4番目
 

内視鏡手術の指導を行う後藤教授