日本とベトナムの仏教交流

   19日、大使公邸に、東京芝公園にある日新窟寺の吉水大智住職と、比丘尼 釈心智(Ty Kheo Ni Thich Tam Tri)さんをお迎えしました。吉水住職は、1965年に初めてベトナムを訪問されてから、長期にわたり日越の仏教交流の発展に貢献され、今でも毎月のようにベトナムを訪問し、ベトナムのお寺で説法をされていいます。心智さんは、在日ベトナム仏教信者会会長として、在日ベトナム人コミュニティーを精神面から支えていらっしゃいます。お二人から、仏教における日越のつながりの深さを伺い、日越関係の広範さを改めて感じる貴重な機会となりました。