梅田駐ベトナム日本国大使のホーチミン市訪問

1  11月18日から20日にかけて、梅田邦夫駐ベトナム日本国大使夫妻は、ホーチミン市を訪問しました。
 
2  訪問中、梅田大使はグエン・タイン・フォン人民委員長と会談をしました。会談の席上、フォン人民委員長より、日本から多くの経済、地方自治体ミッションがホーチミン市を訪問しており、3月には人民委員長就任後最初の外遊先として日本を訪問する等、ホーチミン市と日本の関係がますます発展しており、大使の任期中、日本とベトナム、とくにホーチミン市との関係が更に強化されることを期待する旨述べました。梅田大使より、ホーチミン市在留邦人の安全、商工会との緊密な連絡、日本人学校土地問題に関する人民委員会の配慮に感謝を申し上げ、引き続き、ホーチミン市の発展のため、日本政府としても協力を促進していきたい旨述べました。
 
 
 
3  また、梅田大使は、18日から20日にかけてホーチミン市にて開催された「2016ジャパン・ベトナム・フェスティバル イン ホーチミン」の開会式、盆踊り大会、日越ミュージックショー等に出席しました。
18日夕刻の開会式後に行われたレセプションにおいては、日本側出席者を代表して挨拶し、本イベントに対する武部勤日本側実行委員長・日越友好議連特別顧問の熱意に敬意を表すると共に、「本フェスティバルは、ジャパン・エキスポ(フランスにて開催)、サンパウロの日本祭りに匹敵するイベントであり、今後の発展に期待する。」と述べました。
梅田大使は、翌19日に行われた農林水産省主催の日本産食材PRレセプションにおいても挨拶し、日本産食材の魅力をPRするイベントがこれほど大規模に行われることへの祝意を表しました。

                               
           開会式でのテープカット                                  開会式後のレセプションでの挨拶


                               
           レセプションでの鏡開き                                 19日に行われた日越交流盆踊り大会
4 この他、梅田大使は、同フェスティバルに出席するためホーチミン市に出張していた岸信夫外務副大臣によるグエン・バー・フン外務次官との会談、タット・タイン・カン・ホーチミン市党委員会筆頭副書記との会談、都市鉄道1号線建設サイト及び市内コンビニエンスストア視察にそれぞれ同行しました。
外務省ホームページリンク(岸外務副大臣のホーチミン出張
                                      本件に関するお問い合わせ
在ベトナム日本国大使館
担当:松永(健)
電話:+84-4-3846-3000
FAX:+84-4-3846-5930