海外渡航時における「たびレジ」登録等のお願い

 近年,欧州・中東・アフリカ・アジア・米州等において,一般市民や外国人をターゲットとするテロ・誘拐等事件の発生が増加しており,一部の事件では日本国民が被害者として死傷する事態となっています。また,これらのほかにも,内戦・大規模自然災害等,海外において日本国民の安全が脅かされる状況も発生しています。このような状況に鑑み,日本政府としましては,従来海外における日本国民の安全対策強化を推進しておりますが,在留邦人の皆様におかれましては,「自分の身は自分で守る。」との意識の下,改めて御自身・御家族等の海外渡航・滞在時の安全確保につき十分御留意ください。夏季休暇の時期を控え,海外旅行の御予定などもあると思われますが,安全対策として,具体的には,次の点を励行いただくようお願いいたします。

1 「たびレジ」への登録
 ベトナムから日本を除く第三国へ渡航・滞在される場合,「たびレジ」への登録をお願いします。専用の「たびレジ」のサイト上で,渡航先国での訪問地・宿泊先・連絡可能な携帯電話番号・メールアドレス等を登録いただくことにより,外務省又は在外公館が発信するその国の安全・治安等の情報をEメールにて受信することが可能となるほか,万一テロ・大規模自然災害等の緊急事態が発生した場合,管轄の在外公館による安否確認が円滑に行われるようになります。
 「たびレジ」専用サイト:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

2 「在留届」の届出励行(変更の届出を含む。)
 旅券法第16条の規定により,海外に住所又は居所を定めて3か月以上滞在する日本国民は,滞在地を管轄する在外公館に「在留届」の届出を行うことが義務とされています。この届出を行っていただくことにより,「たびレジ」の登録と同様,治安・安全情報の受信,緊急事態発生時の当館による安否確認作業が円滑に行われるようになります。すでに届出済みと思われますが,未だ届出を行われていない場合は,速やかに届出を行ってください。また,届出事項(住所・電話番号・メールアドレス・同居家族等)に変更が生じた場合は,速やかに変更の届出を行ってください。
 在留届電子届出システム:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/

3 海外安全ホームページ等の活用
(1)渡航先の情報収集
 外務省が運営している「海外安全ホームページ」は世界各国・地域の治安・安全・感染症・出入国等に関する情報を掲載しています。国・地域別の情報や,安全情報パンフレット等の資料・動画等を検索することができますので,渡航前に,渡航先の治安・安全・衛生事情等に関する情報源として御活用ください。
 海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html

(2)テロ等事件の予防策・対処法
 テロ等の事件を予測するのは困難ですが,普段からの心がけと対処により被害を最小限に抑えることができます。
○予防策
- 危ない国・場所・時間帯を避ける。
- 用心を怠らない,目立たない。
- 周囲の不審者・不審物に注意を払う。
- 万一に備え,非常口・退避ルート・隠れる場所を確認する。
○対処法
- 爆発音・銃声音 → その場に伏せる,頑丈なものの陰に隠れる。
- 事件現場では → 周囲を確認し,可能であれば,低い姿勢を保ちつつ,安全なところに退避する。
- 建物等の下敷きになったら → 体力の温存,有害物質を吸い込まない,音を立てて居場所を知らせる。
- 事件に遭遇したら → 管轄の大使館・総領事館に連絡する。

(3)海外安全アプリ
 スマートフォン向けの「海外安全アプリ」を無料でダウンロードできます。このアプリをダウンロードすると,スマートフォンのGPS機能を利用して現在地及び周辺国・地域の渡航情報を表示することができるほか,希望する国・地域を「MY旅行情報」機能から選択することで、その国・地域に対する渡航情報が発出された場合にプッシュ通知で受信することができます(オフラインでも各国・地域の緊急連絡先を確認可能。)。海外渡航の際の安全確保のためのツールとして,是非ご利用ください。
 ダウンロード:
http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_kaian_app.html