日越外交関係樹立50周年記念ロゴマークが決定しました

2022/11/14
logo
logo
    2023年、日本とベトナムは外交関係樹立50周年を迎えます。
 
    今般、日越外交関係樹立50周年記念ロゴマークが決定しました。13日、カンボジアで開催された日越首脳会談において、岸田総理及びチン首相によりロゴマークが発表されました。本ロゴマークは、「日越外交関係樹立50周年」の様々な記念行事や交流事業、広報物などに利用して頂くことを通じて、より多くの人に50周年への関心を高めてもらうこと、50周年事業に参加していることの一体感を感じてもらうことを目的に作成されました。

 

    1973年9月21日、日本とベトナムは外交関係を樹立しました。その後、政治や経済、文化、スポーツ等の幅広い分野において、首脳から草の根レベルに至るまで、日越間の友好・協力関係は発展をし続けています。

    そして、2023年、「無限の可能性を秘める」と言われる両国関係は、更に大きく飛躍する節目の時期を迎えようとしています。

    日越外交関係樹立50周年日本側実行委員会(以下、当実行委員会)では、以下のテーマとコンセプトに沿って、様々な事業を行って参ります。

    テーマ:「手と手を取って 未来へ世界へ」

    コンセプト:
  1. 単なる祝賀事業ではなく、これまでの50年の軌跡を振り返るとともに、次の50年を視野に入れて、日越両国の関係を、互恵的で対等な立場で、未来へ、世界へ更に大きく飛躍させるための礎を築く事業とすることを目指す。

  2. 日越関係発展のベースに「人と人との共感」があることを大切にし、日越双方からすべての有志が参加し、対等なパートナーシップで一緒に作り上げる「参加型の事業」とすることを目指す。

  3. 日越関係が、あらゆる分野、あらゆるレベル、あらゆる世代で発展しつつあることを念頭に、日越関係に関わりを持つすべての人々が貢献し、楽しめるような「包括的な事業」を目指す。

    これらのテーマとコンセプトのもと、当実行委員会では、「日越外交関係樹立50周年」の様々な記念行事や交流事業、広報物などに利用するロゴマークの一般公募を2022年6月に開始し、当実行委員会や専門家の方の審査、オンラインによる一般投票など、厳正な審査を進め、また、ベトナム政府とも検討して参りました。約270ものデザインを応募頂き、また、一般投票では、約5,700の投票を頂きました。多数のご参加を頂き、ありがとうございました。

    総合的な審査の結果、上記の作品を50周年記念ロゴマークに採用すること決定されました。

    さらに多くの方に50周年事業にご参加頂けるよう、近日中にロゴマークの使用に関する申込み受付を開始致します。詳細は追ってご案内を申し上げます。なお、すでに開始している50周年事業に認定された事業でも使用が可能です。多くの皆様からのお申込みをお待ちしております。ぜひ皆様積極的にご活用ください。

    当実行委員会では、近日中に特設サイトの開設や、キービジュアル、プロモーションビデオの発表を予定しております。50周年事業に関する様々な取り組みを特設サイトで発信して参ります。

 
<記念ロゴマーク作者紹介>
制作者様 AAB Vietnam Co.,Ltd.
製作意図 日本とベトナムの国旗の色である赤をベースに、日本の桜、ベトナムの蓮の花のピンクをモチーフとした。50周年を表す5と0の交わりで、互いの交流と手と手をとって共に歩んでいくイメージを表現し、斜めのラインで共に未来に進んでいくイメージを表現した。ロゴ全体は、さまざまなシーンでの使いやすさを考慮し、正方形に収まるデザインとした。
ウェブサイト www.aab.co.jp 
 

<当実行委員会について>
団体名 日越外交関係樹立50周年日本側実行委員会
設立 2022年4月
事務局所在地 在ベトナム日本国大使館内(27 Lieu Giai, Ba Dinh, Hanoi, Vietnam)
代表者 実行委員長 山田滝雄(駐ベトナム社会主義共和国日本国特命全権大使)
事業内容
  1. 50周年の企画、運営及び実施に関すること。
  2. 50周年の広報に関すること。
  3. 50周年のロゴマークの策定及び付与認定に関すること。
  4. 実行委員会主催事業の企画及び実施に関すること。
  5. 50周年事業の認定に関すること。
ウェブサイト 特設サイト開設予定(大使館URL:https://www.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/JV50th_ja.html
 
 
<本件に関するお問い合わせ>
日越外交関係樹立50周年日本側実行委員会事務局広報班
メールアドレス:50japan-vn@ha.mofa.go.jp