海上保安庁練習船「こじま」のダナン寄港

 7月25日から28日までの間、海上保安庁練習船「こじま」(戸ノ崎博宣船長ほか乗組員・実習生 計87名乗船、総トン数約3,000トン)がダナンに寄港しました。練習船「こじま」のダナン寄港は4回目となり、昨年に引き続き2年連続となります。
 
「こじま」入港 入港式典
 
 4日間のダナン寄港中、練習船船長等によるダナン市人民委員会ほか関係先表敬、実習生によるベトナム海上警察第二管区司令部及びダナン海上捜索救助調整センター(MRCC)施設見学、船上レセプション等が行われました。
 
ダナンMRCC表敬 ベトナム海上警察表敬

 26日の船上レセプションには、当館麻妻次席公使が出席し、挨拶の中で、「こじま」の寄港は、法の支配に基づく「自由で開かれたインド太平洋」の実現に寄与するものであり、先般の日越首脳間の合意を具体化するものであること、日越両国の海上保安機関の信頼関係の強化は、両国の海上安全保障、地域の平和にとって、大変重要である旨述べました。
 
レセプションで挨拶する麻妻次席公使 船上レセプションの様子

 28日、練習船「こじま」はダナンでの行事を無事終了し、日本(呉)に向けて出港しました。