フアン・トゥエンクアン省人民委員長との会談

12月27日、大使はファム・ミン・フアン・トゥエンクアン省人民委員長の訪問を受け、大使公邸において会談しました。

会談では、フアン委員長が11月に大分県及び長野県を視察したことに触れ、トゥエンクアン省の強みがある分野である農業,温泉地と共通点が多い大分県との連携を希望している旨の発言がありました。また、生産性を高めるための農林業(オレンジ、お茶の加工など)や工業、観光を中心とした投資を期待していることについても言及がありました。

これに対し梅田大使は、地方との連携については大分県に伝えたい、また農林業の加工技術は、既に展開している日本企業の直接的な説明が重要である、さらに観光については日本の旅行会社現地支店への省情報提供、PRが重要であると発言しました。

また上記に加え、梅田大使は、投資のためには関連企業に直接に情報を届けることが重要であり、ベトナム地方省が日本商工会等を通じて企業に説明やPRを行う機会の必要性についても言及しました。

 
     
フアン委員長から大使への記念品贈呈
 
公邸の中庭での記念撮影


※画像はトゥエンクアン省外務局ホームページから引用しました

 
【問い合わせ】 在ベトナム日本国大使館
 (担当:伊藤)
 電話:04-3846-3000