海上保安庁モバイルコーポレーションチームによるオンライン研修

2020/12/11
座学
制圧・身体捜検 実技
   12月8日から10日にかけて、外国の海上保安機関の能力向上支援専従部隊である「海上保安庁モバイルコーポレーションチーム(MCT)」は、ベトナム海上警察(VCG)職員10名に対して、海上法執行に関する研修を実施しました。
 
   本研修は、本年9月から開始されたベトナム海上警察に対するJICA技術協力プロジェクトの一環として実施されました。新型コロナウイルスの感染拡大により、両国の往来が困難な状況になったため、オンライン形式にて、東京のJICA本部とハノイのJICAベトナム事務所にて実施しました。
 
   国連海洋法条約(UNCLOS)、海上法執行活動、立入検査に関する講義に加え、制圧・身体捜検に関する実技指導もオンライン形式で行いました。ベトナム海上警察の参加者からは、充実した内容で業務の参考になった等の意見が上がりました。
 
   今後も、自由で開かれたインド太平洋(FOIP)の実現に向け、ベトナム海上警察への能力向上、人材育成に取り組んでいきます。