ベトナム国内における新型コロナウイルス関連発表(ハノイ市公電2号)

2021/1/29
【ポイント】
●28日,ハノイ市内で2名の市中感染が確認されました。これを受け,市内では,建物や通りの封鎖が行われているとの情報があります。
●28日,ハノイ市は,同日の首相指示第5号を受けて,公電2号を発出しました。詳細は以下のとおりです。また,同日,ハノイ市幹部は,ハノイ市内で高いレベルの警戒が必要であるとの認識を示しています。
●邦人のみなさまにおかれては,感染防止対策に努め,引き続きベトナム政府やお住まいの地域の政府が発表する情報にご注意下さい。
 
【本文】
1 ハノイ市の感染拡大状況
ハノイ市の発表によれば,ハノイ市の感染拡大状況等は以下のとおりです(1月28日時点)。
(1)ハノイ市内で2名の市中感染者を確認。2名は,クアンニン省で確認された1553番目の感染者に関連していて,1名はSoc Son郡Kim Lu村居住のヴァンドン空港職員で,もう1名はTay Ho区Tu Lien通り居住のヴァンドン空港職員。
(2)現在,ハノイ市内の各地区で上記2名の感染者の濃厚接触者リストを作成し,追跡中。
 
2 ハノイ市公電2号の内容
 28日,同日に出された首相指示第5号が受けて,ハノイ市が発出した公電2号(02/CD-UBND)の概要は以下のとおりです。
(1)感染防止措置及び5K(マスク,消毒,ソーシャルディスタンス,集会を開かない,医療申告をする)徹底する。
(2)大人数での集会及び式典の開催を最大限制約する。
(3)公共の場所でのソーシャルディスタンスを確保する。
(4)外出の際や公共の場所(観光地,公園,歩行者天国,広場,船着き場,バスターミナル,スーパー,市場,商用施設,文化イベント,スタジアム)でマスクを着用していない場合は,厳格に取り締まる。
(5)1月14日以降にクアンニン省の感染地域もしくはハイズオン省のチーリン市からハノイ市に戻ってきたすべてケースを迅速に洗い出し,2月1日までに検査を終える。
(6)入国者に対する検査を強化し,違法入国を防止する。
(7)違法入国や感染防止対策違反を発見した場合,積極的に関係当局に通報する。