ベトナム国内における新型コロナウイルス関連(ハイフォン市の対応)

2021/5/19
【ポイント】
●昨18日、ハイフォン市は、コロナ感染の予防対策を徹底させるため、不要不急の夜間外出を取りやめるなど,新たな措置を発表しました(詳細は以下参照。)。
●邦人の皆様におかれましては、引き続き感染防止対策に努め、ベトナム政府やお住まいの地域の政府が発表する情報にご注意下さい。

【本文】
ハイフォン市は、新たな感染状況下での対策を徹底させるため、5月18日付けで文書(文書No.3175UBND/VX)を発出しました。主な内容は、以下のとおりです。
(1)18日22時から、午後10時から午前5時までの間は、不要不急の外出をしない。職場及び学校以外の公共の場所において11人以上で集まらない。2メートルの間隔を保つこと。
(2)咳・熱・呼吸困難といった症状を有する場合、医薬品を自分で購入して治そうとするのではなく、案内・診断・治療・検査を受けるために、居住地の保健センターに連絡する。
(3)薬局は、咳・熱・呼吸困難といった症状を有する顧客の情報(氏名、住所、電話番号等)を記録して、直ちに所在地の保健センターに通報する。
(4)飲食店・喫茶店は店内でのサーピスを一時停止して,持ち帰り販売のみを行う。
(5)市場及び商業施設では、必需品以外の物品の販売を一時停止をする。
(6)歯科・耳鼻咽喉科クリニックの活動を一時停止する。
(7)婚約式・結婚式の開催を一時停止する。
(8)冠婚葬祭の際、参加人数を最低限にして、感染予防策をとる。
(9)市内宿泊施設は、新たな宿泊客を受け入れない。