ベトナム国内における新型コロナウイルス関連発表(医療申告等アプリの義務化)

2021/6/3
【ポイント】
●ベトナム保健省ポータルサイトによれば、5月29日、保健省通知通達2666/QĐ-BYT「COVID-19の感染予防のための医療申告及び濃厚接触者発見アプリの使用法に関するガイダンス」を発出し、特定の場合での国内における医療申告等アプリの使用を義務づけております(以下【本文】に詳細)。
●ベトナム国内で多くの人が集まる場所等に行かれる方にあっては、十分にご注意ください。
 
【本文】
 ベトナム保健省ポータルサイトによれば、経営店、職場、娯楽及び人が多く集まる場所(詳細は「3.」を参照)に行く場合には、以下のとおりアプリを用いることを要望しています。
 
1.アプリの使用
(1)スマートフォンを有している者は医療申告アプリをインストールして、医療申告を行う。申告後にはQRコードが交付。印刷またはスマートフォンに保存されたQRコードを使用して、医療申告を行う。医療申告が必要な場所に行く場合は、QRコードを提示して医療申告を行う。
 なお、公共の場や多くの人が集まる場所については、濃厚接触発見アプリ(Bluezone)をインストールして、オンにする。
 
(2)医療隔離中の者及び隔離後の医療観察の対象者:
 医療申告アプリ(VHD)及び濃厚接触発見アプリ(Bluezone)のインストール。
 
2.アプリの種類
(1)VHD(Viet Nam Health Declaration)及びtokhaiyte.vn
・VHD及びtokhaiyte.vn
 義務的医療申告及び任意の医療申告(国内居住者)、隔離中の者が毎日の健康状態を報告(義務)、公共の場に出入りする者を記録。
・Tokhaiyte.vn
 検疫所、機関、職場、工業団地、集合住宅、学校などに提示するためのQRコードを作成。
 
(2)Bluezoneアプリ
・Bluezoneを既にインストールされたスマートフォン同士の濃厚接触を記録。
・任意の医療申告(国内居住者)、公共の場を出入りする人の記録、関連のニュースを発信。
 
(3)NCOVI
・任意の医療申告(国内居住者)、毎日の健康状態の報告(任意)、公共の場を出入りする人の記録。
 
3.場所の定義
(1)経営店、職場、娯楽:職場、工業団地、工場、企業、生産経営施設、飲食店、バー、クラブ、カラオケ、マッサージ、美容院、ジム、会議、会合、セミナー、研修(開催組織又は招集権限を有する者の規定による。)。 
 
(2)多くの人が集まる場所:病院、医療施設、集合住宅、学校、駅、バスターミナル及びそのホーム、公共交通、デパート、スーパーマーケット、卸売市場、市場、必需品販売店、葬式、結婚式、観光地、旅行先、レジャー施設、寺院など。
 
(引用元)
https://ncov.moh.gov.vn/web/guest/-/6847426-4165
 
4.国内移動時の医療申告についてはこちらを参照ください。