ベトナム社会主義共和国に対する新型コロナウイルスワクチンの贈与に関する書簡の交換

2021/6/15
   6月15日、ハノイにおいて、山田滝雄駐ベトナム日本国特命全権大使とグエン・タイン・ロン保健大臣との間で、新型コロナウイルスワクチンの贈与に関する書簡の交換が行われました。

   1   ベトナムでは、4月下旬以降変異株の出現等により、新型コロナウイルス新規感染者数が増加しており、一部の地方自治体では社会隔離が行われる等の状況が続いています。こうした中、同国の新型コロナウイルスのワクチンの接種状況は人口比で換算すると接種率は約1%程度に留まっており、現時点では約300万回分が国内に到着したのみであり、ベトナム政府にとって新型コロナウイルスワクチンの調達は喫緊の課題となっています。

   2   今般の書簡の交換に基づいて新型コロナウイルス・ワクチンの贈与を行うことにより、ベトナムにおける新型コロナの感染拡大の防止に寄与することが期待されます。

   3   なお、我が国としては、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジの達成に向け、あらゆる国・地域において、安全性、有効性、品質が保証されたワクチンへの公平なアクセスが確保されることが重要であると考えており、新型コロナの1日も早い収束に向けて、引き続き関係国や国際機関と連携して様々な支援を実施していく考えです。