ベトナム国内における新型コロナウイルス関連発表(ハノイ全市民に対する検査・ワクチン接種実施の計画)

2021/9/10
【ポイント】
●8日、ハノイ市は、9月15日までに全市民に対する新型コロナウイルス(COVID-19)検査実施及びワクチン接種(18歳以上の市民)に関する計画を発表しました。
●邦人の皆様におかれましては、引き続き感染防止対策に努め、ベトナム政府やお住まいの地域の政府が発表する情報にご注意下さい。

【本文】
●8日、ハノイ市人民委員会は、9月15日までに➀全市民に対してCOVID-19検査を実施すること、➁18歳以上の市民全員に対して1回目のワクチン接種を実施する計画(206/KH-UBND)を発表しました。

➀全市民に対するCOVID-19検査の実施
 ―感染リスクが「非常に高い」地域及びリスクが「高い」地域においては、全ての住民に対して2~3日に1回の頻度で実施(9月15日までに最低3回実施)。
 ―リスクが「ある」地域及びその他の地域においては、5~7日間の頻度で実施(9月15日までに最低1回実施)。
 ー咳、発熱、息苦しさ、気管支炎の症状がある者については、病院又は市中において全員に対して検査実施。
 ―医療従事者、その他感染リスクが高いとされる者は3日に1回検査を実施。

➁ワクチン接種の促進
 ―18歳以上の全市民に対して1回目のワクチン接種を実施する。
 ―1回目と2回目は同じ種類のワクチンを接種する。ただし、1回目にアストラゼネカ社製ワクチンを接種した者については、本人の同意に基づき、8~12週間の間隔を開けて、2回目にファイザー社製ワクチンを接種することが可能。

(関連リンク) https://vanban.hanoi.gov.vn//documents/10182/2518750/KH-206-2021.pdf