ハノイ日本桜祭り2019の開催

 3月29日から31日にかけて、ハノイ日本桜祭り2019が開催されました。
 
 開会に先立ち、28日夜にはベトナムさくら親善大使最終選考会が行われ、2人の親善大使が選ばれました。ベトナムは、アメリカ、ドイツに続き、さくらの親善大使を輩出する世界3カ国目の国となります。
 

   祭りの開会式は、29日夜にリータイトー公園で行われました。ベトナム側代表としてゴ・ヴァン・クイ副人民委員長が挨拶を行ったあと、日本側は飯島勲内閣官房参与、梅田邦夫駐ベトナム日本国大使が挨拶しました。続いて、前日に選ばれたベトナムさくら親善大使がステージでお披露目され、竹中理沙子第27代日本さくらの女王から桜のバトンが2人に手渡されました。
 

   祭り期間中、よさこいチャンピオンシップや飲食ブース、日本文化紹介コーナーが出展し、多くの人々が日越文化交流を楽しみました。
 
   

   メインスポンサーであるAIC社が日本から手配した2万本以上の桜の展示は大盛況であり、市民の声を受けて4月3日まで展示が延長され、のべ150万人の市民・観光客が会場を訪れました。
 
   また、同社が実施に協力した投資観光促進セミナーには日本から訪れた65名の企業関係者が参加したほか、産業能率大学教授による学校運営能力向上セミナー、著名な日本人医師を招いての医療協力なども行われ、幅広い分野での日越間の協力が深まりました。