医療ビザ : 人間ドック・健康診断,治療,温泉湯治等

2018/10/5
 
 このビザは,日本で診察や治療等を受けるためのものです。
  □ 診察,治療,療養など,様々な医療行為を受けるのに使うことができる
  □ 1回につき最長で90日間,日本に滞在し,治療等を継続することができる
  □ 患者だけでなく,親戚以外の同伴者もビザの発給対象となる など様々なメリットがあります。
 
 

1.申請手続

 このビザを希望される外国人患者等の方は,まず指定身元保証機関(医療コーディネーター,旅行会社等)から身元保証書等を取り寄せ,他の必要書類とともに当館領事窓口又は指定の代理申請機関(手数料別)に提出してください。
 手続の詳細や指定身元保証機関のリストについては,こちらのページで確認することができます。
 

 

2.付与されるビザ

 医療滞在ビザ
 種   類: 必要に応じて数次
 有効期間: 最長3年
 滞在期間: 15・30・90日,6か月又は1年
 
 □ ビザの種類,有効期間および滞在期間は,外国人患者等の病態等を踏まえて決定されます
 □ 短期滞在ビザでも,治療等を受けることはできますが,日本の医療機関の中には,個人観光等のビザで訪日した方々の受付を拒否するところがありますので,御注意ください。
 

 
【注意】
1 書類がそろっていない場合や,記載内容に不備がある場合,申請は受理されません。
2 個別の事情により,追加資料の提出や面接を求める場合があります
3 追加資料が提出されない場合や面接が実施できない場合,審査が終止されることがあります。
4 審査に数週間以上を要する場合がありますので,時間的な余裕を持って申請してください。
5 原本を返却する必要のある書類については,原本の写し1点を必ず持参してください。
6 有効期限が明記されているものを除き,各書類は発行から3か月以内のものを御用意ください。
 
 (了)