ベトナム工業化戦略

ベトナム工業化戦略とは

 我が国は,「越日協力の枠組みにおける2020年に向けたベトナム工業化戦略及び2030年へのヴィジョン」(Vietnam's industrialization strategy within the framework of cooperation between Vietnam and Japan towards 2020 with a vision to 2030。以下「ベトナム工業化戦略」といいます。)の策定・実施を支援しています。この協力は,2011年10月の日越共同首脳声明においても,ベトナムより高く評価されています(詳細はこちら)。
 

日ベトナム共同首脳声明

(2011年10月日越両国首脳により署名)

ベトナム側は,2020年に向けた工業化戦略・行動の策定と実施に係る日本の協力及び支援を高く評価した。グエン・タン・ズン首相は,上記協力のため,ベトナム副首相を議長とするハイレベル委員会を設立することを確認した。

 

ベトナム工業化戦略の背景・目的・狙い

1.我が国の協力の背景

 ベトナム社会経済開発10か年戦略では,「2020年までに工業国化を達成する」という目標が掲げられています。しかしながら,現状,ベトナムの鉱工業生産の中では食品が,輸出の中では一次産品や繊維等の軽工業品が上位を占めています。

 2015年,2018年にはAFTA,ACFTAの完全実施を控え,サプライチェーンがASEANや中国等を含め広域化する中,このまま第一次産業や労働集約型産業中心に経済成長が進むとすれば,外資系企業を中心に,より安価な労働力の確保できる国,又は,裾野産業を含め,より充実した産業インフラの確保できる国への関心が高まっていく可能性があると考えられます。

 こうした状況を踏まえ,ベトナムが引き続き投資家にとって魅力的な国であり続けることができるよう,我が国の産業政策の経験を踏まえ協力していくこととして始まった取組です。

 

2.ベトナム工業化戦略の目的

 日本及びベトナムは,これまでの二国間産業協力を更に発展させ,相互協力の下,選択と集中及び産官学連携の原則にのっとり,具体的な計画を策定・実施することとしています。

(1)2020年までのベトナム工業化に向けた戦略産業の選定

(2)戦略産業別の行動計画(アクションプラン)の策定

(3)工業化に向けた政策の実装

 

3.我が国としての狙い

 我が国は,ベトナムにとって,最大の二国間ODAの供与国であり,最大の対越投資の実施国です。ベトナムが今後とも順調な発展を遂げれば,我が国にとってのビジネス機会も増加し,我が国にとってもメリットとなることが期待されます。

 今後の経済統合の進展に伴い,企業によっては,ベトナムの将来の方向性が不透明であると見る向きもあるところ,日越の産官学が一体となり,下記方向性での産業政策立案を目指していきます。

(1)ベトナム産業政策の立案・実施に関与することにより,ベトナムにとって潜在力のある分野に日系企業がより投資しやすい投資環境の実現を目指します。

(2)ベトナム企業が株や土地への投機に流れがちであるのに対し,ベトナムにとって潜在力のある分野にベトナム企業がより投資しやすい投資環境の実現を目指します。

 こうした取組によって,日系企業とベトナム企業のリンケージを強めることにより,日本にとっては「裾野産業」の課題解決へ,ベトナムにとっては工業分野における国際競争力強化へ繋がることを期待しています。
 

これまでの成果文書

1.ベトナム工業化戦略の承認

 2013年7月1日付で,ベトナム工業化戦略に対してグエン・タン・ズン首相の承認が得られました。これにより,電子,農業機械,農水産品加工,環境・省エネ,造船,自動車・同部品の6業種を選択・集中的に育成・強化する方針が示されました。