ベトナム国内における新型コロナウイルス関連発表(ハノイ市:風邪薬等の購入者に対する医療申告)

2020/4/15
【ポイント】
●4月14日,ハノイ市人民委員会は,市内の薬局で風邪薬,鎮咳薬,解熱剤等を購入する者に対して,医療申告を要求する通知を出しました。医療申告では,過去14日間の旅行歴,発熱,咳などの症状といった情報の提供が求められます。また,申告内容によっては,後日,保健センターがPCR検査及び指導等のために自宅等を訪問する可能性があります。
●なお,4月10日,ベトナム保健省医薬品管理局は、薬局に対し,処方箋を持参せずに医薬品を購入する者には病歴を聴取するよう,各省・市に要請しています。今後,他の省・市においても,ハノイ市と同様の措置をとる可能性があります。
●各通知等は,以下をご参照下さい。

【本文】 
1 4月14日付ハノイ市人民委員会公文書(No:339/TB-BCD)(抜粋)
ハノイ市人民委員会は,保健局・疾病予防センターに対し,以下を要請する。
すべての薬局に対して,以下のとおり伝えること。
・風邪薬,鎮咳薬,解熱剤等の購入のために薬局に来る場合,迅速に医療申告を要求しなければならない。
・検査サンプルを採取するため,各地区の保健センターに適宜報告しなければならない。
・協力しない場合や報告しない場合は、感染症対策に関する法律に従って処分する。
 
2 4月10日付ベトナム保健省医薬品管理局の公文書(3669/QLD-KD)(抜粋)
保健省は,各省・中央直轄市に対し,以下を要請する。
・処方箋を持参しない人に医薬品を販売する場合,医薬品の小売販売業者は,患者の病歴を聴取する。
・発熱,咳,呼吸困難等の症状がある場合は,電子医療申告(当館注:https://tokhaiyte.vn の「for domestic guests」を選択して行う。)を行うか,最も近くの医療施設に連絡するよう患者に指導しなければならない。
 
(連絡先)
在ベトナム日本国大使館 電話番号:+84-24-3846-3000