ベトナム国内における新型コロナウイルス関連発表

2020/1/24
1.23日19時21分、ベトナム保健省は、以下の通り、ベトナム国内における中国人の新型コロナウイルスのり患の可能性を発表しています。
 
(1)グエン・チュオン・ソン(Nguyen Truong Son)保健副大臣は、チョーライ病院で治療を受けている2人の中国人男性患者(父子)が新型コロノウイルス(nCoV)に陽性であることを発表した。
                                                                    
(2)2人の患者は発熱で入院した。父子は中国湖北省武漢市(Vu Xuong)を出発し、父親はハノイ、息子はロンアンを経由し、その後、ニャチャンで合流し、4日間滞在した。
 
(3)20日、2人はロンアンに戻ったが、発熱の症状があり、22日に発熱の状態でチョーライ病院(ホーチミン市)に入院した。
 
(4)患者は感染地域から来たため、新型コロナウイルス感染のケースを疑われ、保健省のガイドラインに従って二重隔離と治療を受けている。23日夕方現在、2人の患者の健康状態は安定している。
 
https://m.suckhoedoisong.vn/hai-ca-duong-tinh-ncov-dang-dieu-tri-tai-bv-cho-ray-n168129.html 
 
2.23日13時45分、VTCニュース(インターネット版)は、以下の通り、ベトナム国内におけるベトナム人の新型コロナウイルスり患の可能性を報道しています。
 
(1)2人のベトナム人患者は、コロナウイルスに感染している疑いがある。一人は中国の武漢市から戻ってきた留学生の20歳女性である。もう一人は、その女性の55歳の母親であり、ランソン(Lang Son)国境ゲートの市場で商売をしている。
 
(2)2人の患者は、現在、熱帯病中央病院(ハノイ市ドンアン地区キムチュン町)に入院している。
 
(3)20歳の患者は軽度の発熱(37.5度C)、喉痛、乾燥性咳の症状が確認され、22日、救急感染隔離室に収容されたが、現在発熱がなく、状態観察されている。
 
(4)55歳の母親患者は、入院する4日前に鼻水、発熱があったが、自宅で療養していた。その後、病院で受診したところ、高熱(39~40度)が確認され、すぐに救急隔離病棟に収容された。
 
(5)現在、2人の患者の症状の原因は不明であるが、コロナウイルス感染の可能性を排除することが出来ないため、引き続き救急隔離病棟で検査や治療を受けている。
 
https://vtc.vn/benh-va-thuoc/2-benh-nhan-viet-nam-nghi-nhiem-virus-corona-co-nu-sinh-tro-ve-tu-vu-han-ar523600.html