ハノイにおける大気汚染について

1 当地トゥオイチェー紙オンライン版は,例年秋を迎え青空となるハノイにおいて,ここ数日は非常に粉塵が多いため視界が悪く,空気がよどんでおり,大気汚染データは,「深刻な汚染」に分類されていると報じています。
 
2 大気汚染の主な要因としては,石炭火力発電所,自動車・バイク,焼畑,工場,建設工事が挙られており,これらから発生する大量の粉塵を市民が吸い込むことで,健康に深刻な影響を与えているとの論評です。
 
3 ベトナム保健省によれば,ベトナム国民が罹患する10大病気のうち,3つが肺炎,咽喉炎,気管支炎と呼吸器に関わる疾患であり,死亡原因としても,肺炎及び呼吸器系疾患がそれぞれ第2位,6位としています。
 
4 大気汚染が認められる際には,屋外での活動はできるだけ避けることが望ましく,外出する時には,マスク(PM2.5対応用)を着用することが有効です。また,これからの時期は乾燥するため,うがいを励行し,水分を多く取り,十分な睡眠と栄養を取ることも健康管理・維持のためには推奨されます。
 
(参考情報)
Air Visualホームページ
https://airvisual.com/
ハノイAQI指標
http://aqicn.org/city/vietnam/hanoi/vn/