円借款事業「衛星情報による災害・気候変動対策計画」:地球観測衛星製造等の契約署名式

10月18日,円借款事業「衛星情報による災害・気候変動対策計画」に関して,地球観測衛星製造等の契約署名式がVNSC(ベトナム国家宇宙センター)で行われ,VNSCと住友商事及びNECとの契約署名が実施されました。
 
日本側は梅田大使,小中JICAベトナム事務所長,浅井経済産業省宇宙産業室長が,越政府側はアイン科学技術大臣,ミンVAST(ベトナム科学技術院)院長が来賓として参加しました。
 
梅田大使からは,本事業の自身との関係に触れつつ,「ベトナムにとって初めて自国で所有するレーダー衛星であり,海洋を含むベトナム全土の災害,気候変動対策などに貢献するとともに,ベトナムの持続的発展のみならず,東アジア地域全体の安定と繁栄にも貢献するとても重要な役割を担うことになると確信している」旨述べました。
 
本衛星は2023年の打上げを目指しています。
 
梅田大使挨拶文
 

挨拶する梅田大使
 

契約署名式