ワクチン接種に関するよくある質問

2021/9/15
2021/09/16,21,27更新

 新型コロナウイルスのワクチン接種に関して、皆さまから寄せられている質問のうち、多くご質問いただいているものを以下にご紹介します。(なお、質問の作成には、ハノイ日本婦人会の皆さまにもご協力いただきました。ありがとうございました。)

【目次】
1.日本への帰国時(一時帰国を含む。)のワクチン接種
2.日本へ帰国してワクチン接種した後のベトナムへの再入国
3.ベトナムでのワクチン接種
4.ハノイ市でのワクチン接種
5.ワクチン接種証明書
6.ワクチンの種類

1.日本への帰国時(一時帰国を含む。)のワクチン接種

問1 日本帰国時に必要な手続きや書類を教えてください。

(答)
1.一時帰国して日本でワクチン接種する場合には、事前に外務省のお知らせのウェブサイトをご一読の上、特設サイトから予約してください。なお、現状、本事業の実施期間は、2022年1月上旬までとなっています。 
 外務省のURL:https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/vaccine.html
 特設サイトURL:https://mar.s-kantan.jp/mofa-v-u/
 
2.そのほか、帰国に当たっての手続きは、以下の大使館のサイトをご確認ください。
 
 大使館のURL:https://www.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/corona0108.html
 

問2 日本への帰国時のワクチン接種事業は、2022年1月までになっていますが、今後それは継続されますか。

(答)
 本事業の終了時期は、2022年1月上旬を予定しています。
 

問3 ワクチン接種のための一時帰国の期間は最低でもどれくらい必要ですか。また費用はどれくらいかかりますか。

(答)
1.ワクチンの種類によりますが、ファイザー製の場合、2回接種を受けるためには、日本での滞在期間は3週間となります。詳しくは、以下の外務省のURL(特に4)をご確認ください。
 
 外務省のURL:https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/vaccine.html
 
2.なお、これとは別に、ベトナムに戻ってきた際には、ベトナムの法令に基づいて、強制隔離と健康観察が必要になります。詳しくは、次の大使館のURL(特に4(2))をご確認ください。
 
 大使館のURL:https://www.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/20200731nyuukoku.html
 
3.接種費用については利用者御本人の負担はありません。ただし、渡航費・滞在費・国内での移動費用等については利用者御本人の負担となります。詳しくは、以下の外務省のURL(特に5)をご確認ください。
 
 外務省のURL:https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/vaccine.html
 

問4 一時帰国の際の、日本到着時の隔離について教えてください。

(答)
 入国後14日間の自宅等での待機をしていただくことになります。詳細は、以下の大使館のURLをご確認ください。
 
 大使館のURL:https://www.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/corona0108.html
 

問5 現在、一時帰国接種事業で、入国審査を受ける手前でワクチンを接種し、すぐにベトナムに引き返すことは可能ですか。または入国審査を受けた後すぐにワクチンを接種してベトナムに引き返すことは可能ですか。

(答)
 日本に一時帰国してのワクチン接種は、入国審査、税関の後、行われます。詳しくは、以下の外務省URL(特に3、5)をご確認ください。
 
 外務省のURL:https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/vaccine.html
 

問6 ベトナム、日本の両方で接種する場合、何か留意点があれば教えてください。

(答)
 1回目、2回目とも同じ種類のワクチンを受けるようお願いします。詳しくは、以下の外務省URL(特に8)をご確認ください。
 
 外務省のURL:https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/vaccine.html

2.日本へ帰国してワクチン接種した後のベトナムへの再入国

問1 一時帰国後、ベトナム再入国はどのように手配すればよいですか。手続きにはどのぐらいの日数がかかりますか。

(答)
1.ベトナム入国には、(1)航空便と隔離ホテルの仮予約、(2)勤務先を所管する省・市労働局の承認、(3)隔離先を所管する省・市保健局からの隔離指示、(4)公安省出入国管理局の承認、(5)交通運輸省民間航空局の承認を取得することが必要です。これらの手続きは、すべてご本人様又は配偶者様の勤務先の企業が行います。企業から旅行会社に委託することもできます。詳細は、以下の大使館のURLをご確認ください。
 
 大使館のURL:https://www.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/20200731nyuukoku.html
 
2.手続きにかかる日数は、当初は、2か月程度と言われていましたが、最近は、コロナに伴うロックダウンで更に時間を要しているようです。勤務先と隔離先が違う省・市である場合には、更に時間がかかるようです。
 

問2 ワクチン接種者は、ベトナム入国の際の隔離措置は免除されますか。

(答)
1 通常、入国後の集中隔離期間は14日間ですが、2021年8月4日、ベトナム保健省は、一定の条件を満たしたワクチン接種者について、集中隔離期間を7日間、その後の健康観察期間を7日間とする旨の通達を発表しています(2021年8月4日付保健省文書第6288/BYT-MT(原文概要))。

2 また、ワクチン未接種の子供(18歳未満)が親(ワクチン接種済み)と一緒に入国する場合、施設(ホテル)隔離を7日間、自宅隔離を7日間、健康観察期間を14日間とすることとされています(2021年8月25日付保健省通達7020/BYT-MT(原文概要))。

3 これを受け、ハノイ市においては、入国手続の際に隔離計画とともに「接種証明書(注)」の原本又は写しをハノイ市当局へ提出した場合、ベトナム入国後の集中隔離期間を7日間、その後の健康観察期間を7日間とする取扱いとなっています(2021年8月18日付ハノイ市人民委員会通知No: 2681/UBND-KGVX(原文概要))。なお、場合によっては原本での提出を求められる可能性もあることからご注意ください。

(注)「接種証明書」の申請方法等につきましては、厚生労働省ホームページ(市町村で接種を受けた方)又は外務省ホームページ(海外在留邦人の一時帰国者を対象とした事業で接種を受けた方)をご確認ください。

3.ベトナムでのワクチン接種

問1 ベトナム政府当局から、ワクチン接種を受けるよう言われたが、受けなくてはなりませんか。

(答)
1 接種に関する詳細(種類、義務等)は、勤務先企業等を通じ、地方自治体(省・市)保健局又は最寄りの保健センターに確認願います。

2 なお、当館では、ワクチンの接種は義務ではないと聞いています。接種を希望していないのに、接種を求められた場合には、勤務先企業等を通じ、接種を希望しない旨申し入れるとともに、自治体の部署及び担当者氏名・連絡先を当館(+84-24-3846-3000)に連絡願います。
 

問2 日本政府は、ベトナムでワクチンを受けることを推奨していますか。

(答)
 ベトナム国内でワクチン接種を受けるか、受けないかは、あくまで皆様ご自身でご判断くださいますようお願いします。
 

問3 ベトナム国内でコロナ・ワクチンの接種を受けた場合において、副反応が出たときは、どうすれば良いですか。

(答)
 当局によれば、ワクチン接種の後、体調に異変があった場合には、最寄りの保健センター及び最寄りの医療機関に連絡し、相談することになっています。
 当地には、日本語が通じる病院がいくつかあります。ワクチン接種に関する相談も受け付けている病院もあります。事前にご相談ください。詳しくは、次の大使館のURLをご確認ください。
 
 大使館のURL:https://www.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/corona_clinic.html
 

問4 海外保険は、ワクチン接種に伴い生じた副反応の治療や、健康保険被害への補償に適用されますか。

(答)
 皆さまの海外保険や職場の福利厚生制度の内容によります。海外保険に加入されている方は、ご自身の海外保険がワクチン接種に伴い生じた副反応の治療や健康被害への補償に適用されるかどうかを保険会社にご確認ください。また、企業や団体にお勤めの方は、所属先の組織に対し、ワクチン接種に伴う副反応の治療や健康被害への補償の内容をご確認ください  
 

問5 仮にワクチンを受けない判断をした場合、今後ベトナムでの生活に支障は出るでしょうか(行動制限や施設の入場制限など)。

(答)
 現時点では、接種の有無によって、生活面での支障に変更はございません。私どもとしても、今後の規制の動向を注視しているところです。
 

問6 妊娠中、授乳中でもワクチンを接種して大丈夫でしょうか。また新生児への抗体はできますか。

(答)
 妊娠中、授乳中でもワクチンの接種は可能ですが、妊娠中の場合は主治医の先生にワクチン接種の可否をご相談ください。なお、ベトナムにおいては、妊娠13週目以降からワクチンの接種が可能です。
 妊娠中にワクチンを接種した場合、妊婦さんの抗体が胎児に移行し、新生児の血液中に抗体が検出されたという報告はありますが、妊婦さんへの接種で胎児や新生児が抗体を作れるようになることはありません。
 

問7 厚生労働省のHPではアストラゼネカ製ワクチンの接種対象者は接種する日に原則40歳以上の方(特に必要がある場合は18歳以上の方)に接種を行うとありますが、ハノイでは条件なしに18歳以上が受けても良いのでしょうか。

(答)
 アストラゼネカ社は同社製ワクチンの接種対象年齢を18歳以上としていますが、国によってはその国独自の対象年齢を設定していることがあります。ベトナムにおいては18歳以上を接種対象としています。日本の厚生労働省のHPは、「接種する日に原則40歳以上の方(特に必要がある場合は18歳以上の方)に接種を行います。」と記載されています。
 
 厚生労働省のURL:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_astrazeneca.html
 

問8 ベトナムでもファイザー製ワクチンが承認され、12歳から17歳以下の子供向けにも用意されたと報道がありましたが、これは外国人も受ける見通しはありますか?

(答)
 ベトナムでは、ベトナム国民、在留外国人を差別せずに、ワクチン接種を行う方針と聞いています。一方で、ベトナムにおいては18歳未満の子どもに対して接種は未だに認められておりません。

4.ハノイ市でのワクチン接種

問1 初めて接種を受ける場合9月中旬までに接種が必要とありますが予約受付の際、順番を考慮してもらえるのでしょうか。

(答)
 各クリニックとも、予約サイトを立ち上げています。予約サイトをご確認ください。
 

問2 ワクチンの種類は選べますか。

(答)
 各クリニックでは、アストラゼネカ製ワクチンの接種を提供しています。一方、ファイザー又はモデルナ製のワクチンの接種を提供しておりません。なお、現時点では、ベトナム国内においては、ワクチンの数量は十分ではなく、特定の種類を指定してワクチンの接種を直ちに受けられる状況にはありません。そうした中でも、職域単位での接種では、ファイザー又はモデルナ製ワクチンの接種を提供している場合があると聞いています。
 

問3 当日持参するパスポートは、コピーでも良いですか。レジデンスカードも必要ですか。

(答)
1.パスポート(原本)そのものをお持ちくださることが望ましいです。しなしながら、レジデンスカード(TRC)申請等によりお手元にパスポートがない方は、その写しをお持ちいただくことでもやむを得ません。以下の大使館のURL(特に5(2))をご確認ください。
 
 大使館のURL:https://www.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/vaccine_hanoi.html
 
2.レジデンスカード(TRC)は不要です。
 

問4 ロックダウン中に接種となった場合、接種会場までの交通手段はどのように確保すれば良いでしょうか。

(答)
1.社会隔離措置に伴う交通規制により、タクシーやグラブは使えない状況にあり、市内の移動に支障を来たしているのが現状です。交通手段がない方は、クリニックにご相談願います。
 
2.ただし、医療隔離区域(陽性者が発生した区域)にお住まいの方は、区域の外に出ることはできないと聞いておりますのでご注意ください。
 

問5 各クリニックにおいて、ワクチン接種後の副反応(高熱や何か問題が起きた場合)の対処はどこまでしてもらえるのでしょうか。

(答)
 副反応には様々なものがあり、一概には言えない状況にあります。なお、ワクチン接種後、副反応が生じた場合、クリニックは各々、最善の努力にて対応いたします。詳細は、各クリニックに事前にご確認ください。
 

問6 クリニックで、9月に1回目が接種できなかった場合、2回目接種の見通しはありますか。

(答)
 現時点では、本年9月から11月中旬までを予定しています。2回接種を受けることを希望される方は、なるべく9月中に1回目の接種を受けてください。感染防止のためにも、早めの接種をお勧めします。
 

問7 ハノイ市に住んでいませんが、これらのクリニックで接種することはできますか。

(答)
1 ハノイ市に住んでいらっしゃらない方も、これらのクリニックでの接種の対象に含まれます。
 
2 しかし、現在、きわめて厳しい移動制限措置がとられており、省・市を越えての接種が難しい状況にあります。大使館では、移動制限措置の解除や緩和を働きかけていますが、コロナ感染拡大にかんがみ、当分の間、接種を希望する皆さまが現在滞在中の省・市において、早期に接種を受けられるよう優先的に働きかけを行ってまいります。
 
3.今後、移動制限措置等が緩和された際には、ハノイ市においてワクチン接種を受けていただくことができます。
 

問8 これらのクリニックで摂取した場合、ワクチン接種証明書は大使館が発行するのですか。

(答)
 ベトナムにおいて、ワクチン接種証明書は、接種を行う各施設が発行することとなりますので、各クリニックが発行することとなります。
 

問9 他の接種機関(病院、保健センター、職場等)で1回目の接種を受け、ワクチン接種証明書を受け取りました。日本人医師が常駐するクリニックで2回目の接種を受ける場合には、1回目の接種でもらったワクチン接種証明書の2回目の接種欄に、2回目の接種に関する情報を記入してもらえますか。

(答)
 そのとおりです。ワクチン接種証明書(様式は接種機関で多少異なりますが、記載項目は同じです。)には、1回目のワクチン接種に関する情報と、2回目のワクチン接種に関する情報を記入する箇所があります。1回目のワクチン接種を受けた機関から、1回目の接種情報のみが記入された状態で発行されますので、2回目のワクチン接種を受ける機関(クリニック)に持参し、同じ接種証明書に2回目の接種情報を記入してもらってください。

 

5.ワクチン接種証明書

問1 ベトナムで発行されたワクチン接種証明書は、世界共通ですか。日本で承認されますか。

(答)
 ベトナムで発行された接種証明書は、世界共通ではありません。また、日本国政府は、現時点(2021年9月17日)では、諸外国で発行された接種証明書を認めていません。
 

問2 1回目をベトナムで接種、2回目を日本の空港で接種した場合、ワクチン接種証明書は2回接種した証明を発行してもらえますか。

(答)
 1回目をベトナムで接種し、日本に一時帰国して2回目接種を受けた場合には、「1回分の接種を受けた」ことを証明する接種証明書を発行します。詳しくは、以下の外務省のURL(特に8)をご確認ください。
 
 外務省のURL:https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/vaccine.html
 

問3 ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)は今後デジタル化されるのか?その場合、それ以前に接種したワクチンの証明はどのようになりますか。

(答)
 ベトナム側が発行した自身のワクチンパスポート(QRコード付)については,既に以下のオンラインサイトのURLで確認できます。ただし、反映に時間がかかっているため,一部の方のデータが反映されるまで時間がかかるとされております。
URL:Cổng thông tin tiêm chủng Covid (tiemchungcovid19.gov.vn)
 

問4 ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)は今後どのような効力を持つことになりますか。

(答)
 現時点では、ベトナムの接種証明書を携行することにより、ベトナム再入国時、集中隔離期間を7日間、その後の健康観察期間を7日間とすることとされています。詳しくは、大使館のURLをご確認ください。今後の接種証明書の効力については、私どもも注視しているところです。
 
 大使館のURL:https://www.vn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/20200731nyuukoku.html
 

問5 ベトナムに再入国した際の隔離(集中隔離期間、自宅待機期間、健康観察期間)について詳しく教えてください。子連れで再入国した際、ベトナム入国後、親だけワクチン接種済みでも7日間隔離のままですか?ケースによって変わることはありますか(一定の条件、接種証明書の関係)。

(答)
 ワクチン未接種の子供(18歳未満)が親(ワクチン接種済み)と一緒に入国する場合、施設(ホテル)隔離を7日間、自宅隔離を7日間、健康観察期間を14日間とすることとされています(2021年8月25日付保健省通達7020/BYT-MT)。詳しくは、以下の大使館のURLをご確認ください。
 
 大使館のURL:https://www.vn.emb-japan.go.jp/files/100228135.pdf

 

6.ワクチンの種類

問1 1回目と2回目が違う種類のワクチンでも打てますか。一部では、2種のワクチンを混合して接種した方が効果があがると聞きますが、実際はどうですか。

(答)
 9月8日、ベトナム保健省は、ワクチンが不足しているといったやむを得ない場合、1回目と2回目で異なるワクチンを接種することを認める通知を出しました。これにより、ワクチン不足の場合に、1回目の接種でファイザー製ワクチン又はモデルナ製ワクチンを受けた場合、2回目に逆のワクチンを接種することになります。
 

問2 2回目のワクチンが期限通りに接種できない場合の効果の違いはありますか。

(答)
 ワクチンはなるべく指定された間隔で接種することが推奨されています。接種間隔がそれよりも長くなった場合、効果がどの程度低下するかというデータはあまりありませんが、それでも2回目の接種を受けることが勧められています。指定された期間を過ぎてしまっていても、なるべく速やかに2回目の接種を受けてください。

(参考1)アストラゼネカ製ワクチンの接種間隔
ベトナム保健省のガイドラインでは、接種間隔を4週から12週の間隔を置くとしつつ、8週以上の間隔を置くことが望ましいとしています。また、このガイドラインの範囲内で、各省・市に判断を委ねており、ハノイ市においては、アストラゼネカ製ワクチンの接種間隔を8週間としています。

(参考2)日本の厚生労働省の説明
1.アストラゼネカ製ワクチン
(1)1回目の接種後、通常、4~12週間の間隔(※)で2回目の接種を受けてください。
 (※)最大の効果を得るためには、8週間以上の間隔をおいて接種することが望ましいとされています。
(2)接種後12週間を超えた場合は、できるだけ速やかに2回目の接種を受けてください。
(3)1回目に本ワクチンを接種した場合は、2回目も必ず同じワクチン接種を受けてください。
 
 厚生労働省のURL:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_astrazeneca.html
 
2.ファイザー製ワクチン
(1)ファイザー社のワクチンは、標準として、1回目から3週間後に2回目を接種することになっています。
(2)接種できる間隔の上限が定められているわけではありません。標準の接種間隔を超えても、2回目の接種を受けることができます。接種を1回目からやり直す必要はありませんので、なるべく早く、2回目の接種を受けましょう。
(3)なお、標準の接種間隔を超えた場合のデータは限られているものの、効果は期待できることから、WHO、米国や、EUの一部の国では、3週間を超えた場合でも、1回目から6週間後までに2回目を接種することを目安として示していますので、こうした目安も参考になると考えられます。
 
 厚生労働省のURL:https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0036.html
 
3.モデルナ製ワクチン
(1)武田/モデルナ社のワクチンは、標準として、1回目から4週間後に2回目を接種することになっています。
(2)接種できる間隔の上限が定められているわけではありません。標準の接種間隔を超えても、2回目の接種を受けることができます。接種を1回目からやり直す必要はありませんので、なるべく早く、2回目の接種を受けましょう。
(3)なお、標準の接種間隔を超えた場合のデータは限られているものの、効果は期待できることから、WHO、米国や、EUの一部の国では、4週間を超えた場合でも、1回目から6週間後までに2回目を接種することを目安として示していますので、こうした目安も参考になると考えられます。
 
 厚生労働省のURL:https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0072.html