山田大使ご挨拶

2021/4/29
 ベトナムの皆さん、ベトナム在住の邦人の皆さん、こんにちは。駐ベトナム日本国大使の山田です。おかげさまで、この4月で着任から1年が経ちました。この機会に、着任後の一年間を振り返りたいと思います。
 
 昨年は、歴史に残る困難な年でした。新型コロナウイルス感染症のまん延、それに伴う世界経済の急激な落ち込みなど、様々な難しい問題が発生し、世界に緊張が走りました。
 
 一方、ベトナムの状況を振り返ると、政府指導部の優れた危機管理能力が功を奏し、新型コロナウイルスの抑え込みと、経済成長の両立に成功しました。
 
 今年4月の段階で、ベトナム政府の感染者は100万人あたり28人程度に抑えられています。また、昨年、ベトナムの経済成長率は、2.91%を記録しました。日本を含め、諸外国の経済成長率が軒並みマイナスとなる中、これは素晴らしい成果と言えます。昨年は世界にとって非常に厳しい一年でしたが、ベトナムの国際社会におけるプロファイル、期待値は、より高まりました。
 
 日ベトナム間の最大の出来事は、10月に菅義偉総理大臣が就任後初めての外国訪問先として、ベトナムを訪問したことでした。ベトナム側は、菅総理を熱烈に歓迎して下さり、滞在中、菅総理やフック首相(当時)は5回にわたる交流の機会を持ちました。この訪問を通じて、両国の首脳レベルで信頼を一層緊密なものにできたことは大きな成果でした。また、菅総理は、「共につくるインド太平洋の未来」と題してスピーチを行い、ASEANやインド太平洋における日本の政策を、ここベトナムから発信しました。菅総理の訪越は、日本がベトナムをいかに重視しているかを雄弁に語る出来事でした。
 
 2023年には、日本とベトナムが外交関係を樹立して50周年を迎えます。これからは、この記念の年をきっかけに、日本とベトナムを真に対等な戦略的関係に発展させることを一大テーマとし、外交活動を行っていきたいと思います。ベトナム在住の邦人の皆さんにお力添えをいただきながら、これまでの50年を振り返り、これからの50年を展望する準備が、少しずつ始まっています。
 
 これからも、一緒に、日本とベトナムの関係を盛り上げていきましょう。